引越し 車

引っ越しで車を売る予定の人へ

 

田舎では車に乗っていても、少し交通網が栄えた地域に行くと、
車が要らないような地域や、駐車スペースが無い地域があります。
そんな地域に引越しを決めてしまうと、愛車を持って引越しができませんよね。

 

近くで駐車場を借りようにも、駐車場料金が高いなどの問題もあり、
車をあえなく手放してしまわなければなくなった方も多いのではないでしょうか。

 

車を手放そう、車を売却しようと考えたは良いのですが、
引っ越しをしてしまわないと、車を売却できないという方も多いですよね。

 

それもそのはずです、今住んでいる場所では車は必要なのですから。

 

しかし、引っ越し先で売却しようとする場合に、
実は注意しなければならない事があるのですが、ご存知でしょうか。

 

今回は、そんな引越し時に車を売却しようとする方が注意しなければならない事と
車を簡単に高く売却する方法をご紹介いたします。

 

 

書類の準備

 

 

通常車を売却する場合には、印鑑証明、譲渡証明が必要です。
しかし、引っ越しを機に車を手放す場合には、他にも書類が必要な場合があります。

 

というのも、引っ越しの前日などに車を手放しても、
名義変更などをする際の書類と現在の住所が変わっていますので、
車検証の住所と現在の住所がつながる書類が必要なのです。

 

どのような書類かというと、例えば住民票などがそれに該当します。

 

住民票には基本的に前住所と現在の住所が記載されていますので、
車検証の住所が、引っ越し前の住所であれば住民票で問題ありません。

 

しかし、引っ越しを頻繁にされている方であれば、
車検証の住所が数回前の住所の可能性もありますよね。
その場合には、戸籍抄本を準備しておくと問題なく売却ができますので、必ず準備をしておきましょう。

 

 

売却の書類が揃ったら

 

 

買取業者との交渉

 

必要書類を揃えて、ようやく買取業者との交渉をスタートするのですが、
この交渉時に、早く手放したいというようなワードを発するのはNGと肝に銘じておきましょう。

 

確かに、コインパーキングなどを利用していると、
一日でも早く売却したいと思ってしまいますが、それを買取業者に感づかれてしまうと、
足元を見られてしまい、安い金額の提示をされてしまいます。

 

そうなってしまわない為にも、
早く売りたいわけではないというような態度で交渉に臨むと良いでしょう。

 

複数の買取店に査定してもらう

 

注意しておきたいのが、買取業者を1店だけ選ばないという事です。

 

どういう事かというと、通常買取店は買い取った車を中古車として販売し、
買い取った金額と売却した際の差額を利益として計上しています。
その為、一社だけだと、買い取り額を安く提示されてしまう事があり、
なかなか買い取り額が高くなりにくい傾向にあるのです。

 

そこで最低でも、2社以上の買い取り業者に査定依頼をして、
買い取り業差を競争させる事が重要なのです。

 

しかし、2社以上の買い取り業者を競争させると言っても、
どの買取業者を選ぶと良いのか良くわかりませんよね。

 

そこで、おすすめなのが一括査定という方法です。

 

サイトから一括査定を申し込む事で複数の買い取り業者に、
一括して査定の依頼をすることが可能ですので、どの買取業者にしようかと迷う必要はありません。

 

また一括査定のメリットとして、誰でも一度は聞いたことのある大手の買い取り業者も
参加していることがあげられます。
できれば大手に依頼したいと思っている方にも対応しています。

 

このように多くの買い取り業者が参入している一括査定ですので、
買取業者も依頼があった時点で、競合相手がいる事を把握しています。

 

先ほどもお話したように、
買取と売却の差が利益になるので他の買取店に負ける様な事はしたくないのが買取店の本音です。

 

その為、初めから買取価格を高めに提示してくれますので、簡単に高く売る事が可能になるのです。

 

一括査定はこちら→カーセンサー.net簡単ネット査定

 

※利用は無料です。